知ってびっくり!ブラジルの治安と事件例一覧

こんにちは。
冒頭からこんなお話しをするのはどうかとも思いますが、
観光においてブラジルの最も大きな問題点は
ズバリ治安の悪さです!

南米ブラジルで最後まで無事に何事もなく楽しい旅をするには
事前にしっかりと治安と安全対策の調査をしておく必要
があります!特に日本人は海外から見ると隙が多いと
思われがちなので!

もっと楽しい嬉しい情報が欲しい・・・
と思う方もいらっしゃるでしょうが、大切な事なので
ここはちょっと我慢して記事の内容をしっかり
確認しておいてください。

それでは、百聞は一見にしかず。
まずは実際にあった事件を見てみましょう。

あんまり知りたくない恐ろしい事件例 Brasil de  incidentes

・大通りの交差点で渋滞している時や信号待ち
 している時に強盗にあった!

・サンパウロ郊外で350人の未決囚が脱走した!

・犯罪組織の所業により、リオ市の南部地区で
 お店や銀行などが一時的にやむなく営業停止
 するはめになった!

・ある日の夜、東洋人街を歩いていると5人組の男達
 に取り囲まれ、拳銃を突きつけられる。更に
 お金や時計など金品を強奪された!

・ワールドカップを観にブラジルへ行った日本人
 の中でかなりの割合の人達が何かしら盗難に合い
 泣く泣く大使館や領事館へ行くはめになった!

なんでブラジル人はこの治安の中で生きていけるの?

・・・とまあ、こんな事件がブラジルではよくあります。
あんまり聞きたくない嫌な事件が多いですが事実です。
日本でこんなことが毎日起こったら誰ももう外へ出なそう
ですが、南米ブラジルの人々はそんな治安の中でも
生き生きと普通に生活しています。
そう、ブラジルの人々には「どうすれば犯罪に巻き込まれ
ないように生きていけるか」の知恵や習慣が備わっているのです!

まとめ

今後も日本から海外旅行やビジネスでブラジルへ行く人が
沢山出てくるかと思います。その時、たとえボールペン1つでも
盗難にあったらやはり凄く嫌な気持ちになるし、折角の楽しい
思い出にケチがついてしまいますね。勿論モノだけでなく、
命が無事で体のどこも傷つかないように自己防衛しなければ
いけません!

また、近年日本の治安も悪くなっている部分があるので
「まだブラジルへの旅は先だなー」という方も一度ブラジル
の人たちの、生きる知恵や安全対策の習慣を参考に知っておいて
損はありません!次の記事では具体的に「犯罪に遭遇する確率を
ぐっと下げるための防衛対策」について触れて行きたい
と考えていますので、そちらも是非確認してくださいね!


中南米・ラテン 旅の情報