カウカウ(Cau Cau)ペルーの家庭料理レシピ

ペルーにはCau Cauというペルー料理があります。
読み方はカウカウと呼び、このペルー料理は主に家庭料理として
ペルーでよく食べられています。
ジャンルとしては煮物になりますがカレーやシチュー程、とろみは無く日本料理で言うと、
肉じゃがなどに近い部類だと思います。
今回はこのペルーの家庭料理の一つであるカウカウのレシピ(作り方)を
紹介しようと思います。

実際に調理してみて書いていますが一般的な料理でありつつ、
意外と難易度が高い料理だと思います。
まさに「肉じゃが」的な料理ですね。

 

Cau Cau(カウカウ)ペルーの家庭料理レシピ

牛のハチノス(胃)スパイス煮込み 4人前

牛の胃(ハチノス) 500g アヒ・アマリージョ(黄色い唐辛子) 少々
 ニンニク       1.5片  グリーンピース     少々
 イエルバ・ブエナ(ミント系のハーブ) 少々  セロリ  少々
 玉ねぎ 2/3  コショウ 少々
 クミン 少々  じゃがいも 250g

 

 

作り方の説明

 

カウカウ ペルー料理

 

カウカウ作り方 手順1

牛の胃(ハチノス)をセロリ、イエルバ・ブエナをそれぞれ加え、
柔らかくなるまで、約45分~50分程度煮込みます。
通常の鍋ですとこれくらいになりますが圧力鍋なら
その半分程度の時間になります。

イエルバ・ブエナはミント系のハーブになるので、
ない場合は、通常のミントでも大丈夫です。

 

カウカウ作り方 手順2

茹でて柔らかくなった牛の胃(ハチノス)を一度鍋から取り出し、約2センチ程度に切ります。
形はサイコロのような四角い形。
この時、煮汁は捨てないでください。

ハチノスは噛み応えがある為、食べやすいようにお好みのサイズでも可能です。

 

カウカウ作り方 手順3

次に、ニンニク、玉ねぎをみじん切りにし、次にフライパンに
油小さじ1程度を敷いて、

先程みじん切りにしたタマネギ、ニンニクとともに、
アヒ・アマリージョ(黄色トウガラシ)を加えて炒めながら、
コショウ、クミンを少量ずつ加え香りが出るよう炒めます。

 

カウカウ作り方 手順4

じゃがいもの皮をむき、2センチ程度のサイズでサイコロ状に切っておきます。

 

カウカウ作り方 手順5

上記の手順2で作ったフライパンの中に手順1で残しておいた煮汁を
フライパンの中の材料が半分程度つかるまで注ぎ、
ハチノスと、じゃがいもを加え柔らかくなるまで煮込みます。
※ペルーでは一般的にハチノスをゆでた煮汁をそのまま使うことが多いですが、
臭みが気になる場合はミントやセロリなどを改めてゆでた水でも大丈夫です。

 

カウカウ作り方 手順6

余分な水気がなくなるまで全てが柔らかく煮えたら、
最後にグリーンピースを加え煮詰めれば、完成です。

 

カウカウ作り方 手順7

お皿に盛り、ミントの葉をふったらおしまいです♪

ハチノスの歯ごたえのある食感と
ミントの風味が優しい味をかもし出し、

はまること間違いなしです!


中南米・ラテン 旅の情報