ペルー料理のレアレシピ!カウサ・デ・アトゥン・イ・パルタcausa de atun y palta

カウサ・デ・アトゥン イ パルタ
causa de atun y palta
ペルー風ツナとアボカドのマッシュポテトサラダ(4人分)

今回紹介するこのレシピのペルー料理
カウサ・デ・アトゥン イ パルタは、
おそらくほとんどのペルー人にとって好きな食べ物の一つだと思います。
ペルーでは「カウサ」と呼ばれ、一般的には、ポテトとツナ、刻んだタマネギ等が、メインとなりますが、
今回はその「カウサ」と呼ばれる料理の中でも、アボカドを使った人手間加えた別の種類の
「カウサ」のレシピを紹介したいと思います。

いっけん、ケーキのような見栄えで初めて食べる日本人は、
これがサラダだと言う説明が無い限り、一口目は、高確率で驚くことでしょう。
ですが知っている人は必ずこう言うこと間違いなしです。
「美味しい!」

ちなみに、パルタというのは、ペルーでアボカドこのことを指し、
アトゥンというのはツナ(シーチキン)になります。

材料

じゃがいも 1kg
アボカド 2個
アヒ・アマリージョ(黄色い唐辛子)適量
塩コショウ 少々
オリーブ(飾り付け用)
レモン 一個半
ゆで卵(飾り付け用) 1個
ツナ缶 1個半から2個
小エビ(飾り付けよう) 適量

オリーブオイル 少々
マヨネーズ 少々

作り方

1:ゆでたじゃがいもを熱いうちに皮をむいて、こし器(ポテトマッシャー)にかける。
ポテトマッシャーが無い場合は、ゆでたじゃがいもの塊がなくなるように潰します。

2:ゆでたじゃがいもを冷まして塩、コショウ、オリーブオイル、アヒ・アマリージョを加えて、こねます。

3:十分こねたら、お好みで少々レモン汁を加えます。(ジャガイモ等の味が変わる程入れないよう気をつけてください。

4:ツナ缶の余分な油を捨てて、少々のマヨネーズであえます。
5:アボカドの皮をむき、色が変わって酸化しないようレモン汁を少しかけておきます。
6:カウサの型となる四角または輪型のケーキを作るような容器を使います。
その容器の内側にラップをしいおきます。

7:アボカドに塩コショウを加えます。
8:ここから順番に具材を入れていきます。今回は具材を5層に重ねる為に、
まずは、手順3で作っておいたマッシュポテトを敷き詰め、その上に手順5のアボカドを並べます。
9:ここでまたマッシュポテトを敷き詰めます。このうえに、ツナとマヨネーズをあえた物を敷き、最後にもう一度、マッシュポテトを敷き詰めます。
10:型に入れたものの上にアルミホイルでふたをしてから軽く押しながらデコボコにならないよう均等に平らになるようにします。
11:ラップの端を持ちながら、型から取り出します。上に小エビ、スライスしたゆで卵、種を取り除き、スライスしたオリーブを飾るようにすれば完成です。


中南米・ラテン 旅の情報