ペルーの民族音楽フォルクローレ

フォルクローレという音楽を知っていますか?
ペルーに興味のある方なら既に好きで何度も
聴いているという方がいらっしゃるでしょう。
ここで少し、ペルーの旅には欠かせない
民族音楽について研究しておきましょう。

フォルクローレはアンデス音楽とも言い、
南米の伝統的な民族音楽のことを意味します。
アンデスの音楽とスペインの音楽が融合しより
個性的で深みのある音楽となったものがフォルクローレです。
現代でもペルーだけではなく、ボリビアやチリ、アルゼンチン等
アンデス地方で広く演奏され、それぞれの国や地域で
独特のスタイルや楽器を持っています。

フォルクローレの音楽で、一番日本人が知っている曲は
「コンドルは飛んでいく」でしょう。
他の曲は殆ど初めてきくという方も多いでしょうが、
この曲だけは日本でも一度はきいたことがあるはずです。
最近は日本の都心部駅前や公園でもよく、ペルー人の演奏者が
民族衣装に身をつつみフォルクローレを演奏するところを
見ることができます。お部屋にフォルクローレ音楽を流せば
たちまちそこは南米の異国情緒が漂う空間に変わります。
エスニックな雰囲気がお好きな方は是非どうぞ。

勿論ペルーの旅でも何度も耳にすることになるでしょう。
ペルーを知るにはまずペルー伝統音楽フォルクローレを
きくことをオススメします。

ペルー フォルクローレ

また、楽器はケーナやサンポーニャ等の管楽器がメインとなり
他にもチャランゴやチャフチャスと呼ばれる楽器等も使います。
その伸びやかでノリの良い楽器の音色は世界中の人々に愛されています。
そして、フォルクローレは音だけで楽しむものではありません。
フォルクローレには実はダンスが欠かせないのです。
それぞれの国や場所により個性的な踊りが伝わっており、
華やかな民族衣装が舞う様子はとても魅力的です。
日本でも盆踊りや舞踊には、それぞれの地域や団体で
独自のスタイルがあるのでその感覚を想像すると
分かりやすいでしょう。フォルクローレもそうであるように
ダンスにはその国の歴史と文化が詰まっています。
フォルクローレには侵略者であるスペイン人を悪魔にみたて
その様子を音楽に盛り込んだり、豊作を祈り感謝する気持ちを
踊りで表現したりします。

ペルーのフォルクローレには
どんな人もあたたかく歓迎する優しさや陽気さ
自国の文化や伝統を誇りに思う崇高さ
先住民が追いやられた歴史の悲しみ
生きていることへの喜びや感謝
それぞれの想いが含まれているように感じます。
ペルーにはペーニャという施設があり、ここでは
フォルクローレを含む民族ダンスを観ることができます。
ディナーショーのような形式になっており食事と一緒に
楽しめるのが嬉しいところです。もしフォルクローレに
ご興味のある方は是非一度訪れてみてはいかがでしょう?


中南米・ラテン 旅の情報