クスコ14角の石の秘密と宗教美術博物館

クスコで歴史のある古いものが好きな方や
美術館や博物館がお好きな方にオススメしたいのが
宗教美術博物館「Museo de Arte Religioso」
です。折角インカの香り高いクスコの街に来たのなら
そこでしか学べないリアルな歴史を目でみておきたい
ものです。Museo de Arte Religiosoは一体どんな
博物館なのでしょうか?その答えと特徴に迫ります。

宗教美術博物館はどこにあるの?

南米ペルーのクスコの街、その中央にある
アルマス広場徒歩で約10分ほどの場所に
あります。以前ご紹介したロレト通りからも
同じくらいの時間で歩いて行けます。

美術館データは?開館時間や休館日はいつ?

クスコ 博物館

●宗教美術博物館は年中無休です。
●平日は朝8時から開館で夜7時に閉館します。
●日曜日は朝10時から夜6時までです。
●電話番号:084-23-7380
●入館料:15ソレス
※この博物館以外にサンブラス教会やカテドラル等
他の施設もそれぞれ入館することができる
共通チケットは50ソレスで販売されています。

どういう内容の施設なの?

Museo de Arte Religiosoは第6代皇帝インカ・ロカの
宮殿跡にできた博物館です。スペイン人により侵略され
宮殿が貴族の邸宅として建て替えられたのですが、1590年
に起こった地震によりそれも崩壊してしまいました。
その後は大司教庁として再び建設され後にできたのがこの
博物館です。館内には300年前の家具が残され、
コロニアル調の美しいデザインを施設の色んなところで
見ることができます。

この施設にはこじんまりとしたスペイン風の中庭もあり、
中央の噴水をみながらほっと一息つくのも良いかと思います。

見逃したくない!博物館の重要なミドコロ

14角の石

宗教美術博物館の入り口の向かって右側に
坂をくだってゆくと、門のまわりに並べられて
いる石組みの中に14角の石があります。
最近はよく知っている他の観光客の方が指差したり写真をとったり
している場合があるので探しやすいです。そうでない場合も
この形を覚えておいて門の周りをよく見ていると探せるはずです。

クスコの街をあちこち回っていると、14角の石を
ついつい見逃してしまいそうになりますが、
この石こそクスコの街を象徴する重要な要なので
是非一度は見つけてみてください!

唯一つの14角石にまつわる興味深い一説

この複雑で精巧な形の石は非常に貴重なもので、
インカの時代の技術力を見ることができます。
・・・と、いいたいところですが、実はこの14角
の石は後にスペイン人が作ったものであるという
説があります!インカの人よりも高い技術力が
あることを示したかったのかも知れません。
そいう微妙な歴史の問題もなかなか興味深いところです。
スペイン人はインカを侵略したものの、どこかでその
豊かな文化にコンプレックスを感じていたのでしょうね。
しかし、あくまでもこれは一説なので確定しているお話し
ではありません。インカのもの?スペインのもの?
それはあなた自身が本物を目にして是非考えてみてください!

photo: Elias Rovielo


中南米・ラテン 旅の情報