10分でマスターする!ブラジルの公用語「ポルトガル語」

南米の国々ではスペイン語を公用語とする国が
多いですが、ブラジルの公用語はポルトガル語です。
英語はそこそこわかるけど、ポルトガル語は・・・
と心配する方もいるかも知れませんが、大丈夫!
日本人にとってポルトガル語は結構親しみやすい
外国語なんです♪

ブラジルに旅行するなら、少しくらいその国の
言葉を知っておきたいですね。

助かる!ポルトガル語発音のコツ Português do Brasil

筆者もそうなのですが、英語の発音は
どれも日本人にとっては難しいものに
なっています。appleという単語
ひとつ発音するにも結構工夫が必要になります。
スペルと実際の読み方が違っていて
大変なことも多いですよね。
しかし!ポルトガル語は違います!!
実はポルトガル語の場合基本的には
日本語の棒読みで通じるのです。

日本語を棒読み、語尾から2音節目を強く発音
これだけでそれらしい発音になります。

例えば「ありがとう」はobrigado(オブリガード)
ですがこれもだいたいそのままスペルを読んで
普通にしゃべるだけで通じます!

また、基本の挨拶は以下のようになります
おはよう Bom dia (ボンジーア)
こんにちは Boa tarde (ボアタルジ)
こんばんは Boa noite (ボアノイチ)

これであなたも立派なブラジル人の仲間入りです!

日本語の中に隠れたポルトガル語

ポルトガル語 カステラ

私達が普段使っている日本語の中にも
ポルトガル語が意外にあるものです!
ちょっとした豆知識としてこちらをみてみてください。

★カステラ
 三時のおやつの定番かすてらですが、これ実は
 ポルトガル語でお城「Castelo」から付けられた名前です!
★パラソル 
 パラは方向、ソルは太陽で日傘という意味です。
★おんぶ
 子供をおんぶする、という時の「おんぶ」
 ポルトガル語では肩のことを「Onbro」というのですが
 これがおんぶの語源になっていたとは驚きです!
★コップ
 ポルトガル語でコップはcopo(コッポ)というので
 そこからきているようです。
★リュックサック
 ポルトガル語でカバンはsaco(サッコ)、リュックは
 オランダ語なので2つの外国語のミックスでできた
 言葉だったのです。これまた意外です。

どうして南米ブラジルはポルトガル語なの?

ブラジル 侵略

南米はブラジル以外の国がスペイン語でブラジルがポルトガル語です。
これはつまり歴史の中でスペインに侵略された国と
ポルトガルに侵略された国という違いができたことに関係しています。
16世紀から18世紀にかけてブラジルはポルトガルの植民地
であったためにポルトガル語を話すようになったのです。

最後に

実はブラジル人と他の南米の人とは簡単に意思の疎通ができます。
それはなぜかというと、ポルトガル語とスペイン語は
殆ど方言の違いくらいの差しかないからです。
大阪弁と関東弁の人が問題なく会話できるのと同じ感覚です。
なので多少違っていても、だいたい何が言いたいかはわかります。
ポルトガル語もスペイン語もラテン語からきている言語だからです。
もしご興味がある方はスペイン語とポルトガル語を是非くらべてみてください!

その国の言語を知ることは、その国の文化を知ることに
繋がります。南米ブラジルへ旅行の際には、挨拶だけでもいいので
ポルトガル語を覚えておきたいですね。


中南米・ラテン 旅の情報