ペルーのインカ帝国を語るならまずはケチュア語!

南米ペルーの公用語はスペイン語であると、
以前ペルー基本情報の記事で書きました。
もちろんそれはその通りなのですが、
実はスペイン語以外にもかなり狭い範囲で
ですが他の言語が残っています。

それはケチュア語と呼ばれる言語です。
今回はペルーの歴史を学ぶ上でも欠かせない
ケチュア語についてご紹介します。

ケチュア語(quechua)はどういう言語なの?

2062729622_126893ab2f_z_mini

ケチュア語は南米ペルーの山岳地域のインディヘナで
インカの時代から話されている言葉で、インカ帝国の
歴史を語る上で必須なのがこのケチュア語です。
ケチュア語は1975年にはペルーの公用語として
認められていました。ケチュア語には南部と北部で
それぞれの方言(特徴)があり、バリエーションも
豊かです。

それでは、インカの香り漂うケチュア語を
実際にいくつか書いておきたいと思います。

ケチュア語一覧

8261542566_68f914827e_z_mini

はい   Ari アリー
いいえ mana マナ

ありがとう Yusulpay ユスルパイ

こんにちは  Allin sukha アリィン スカ

きれい! Añaña w ! アニャニャ ウ

太陽   inti インティ
月    killa キヤ

父    tayta タイタ
母    mama ママ
兄弟   tura トゥラ
姉妹   ñaña ニャニャ

食べる  mikhuy ミクイ
歩く   puriy プリイ
話す   rimay リマイ
見る   rikuy リクイ
これは勿論ほんのほんの一部の
ケチュア語ですが、これを見るだけでも
その言語の独特な雰囲気が伝わるかと
思います。ニャとかマイとかクイとか
可愛らしいくてあたたかみのある言葉も
多いですね。

ペルー観光とケチュア語

ペルー 高山病 対処法

現在のペルーの公用語である
スペイン語とは全く違う言葉です。

そもそもスペイン語とは違うので、
ペルー人の親戚もほとんど理解出来ないレベルです。
日本でも地方によってそれぞれの
方言があります。また、沖縄でかつて
話されていた琉球語や北海道のアイヌ民族
がすアイヌ語は日本の言葉とはいえ
殆ど外国語のように違います。
ペルーにおけるケチュア語の存在も同じよう
なものがあるように感じました。
また、ケチュア語はペルーの大人気観光
スポットで見つけることができます。

マチュピチュ huayna picchu
ワイナピチュ Machu Picchu

これらの遺跡の名前はケチュア語です。
他にも色んな場所でケチュア語を発見
することができるはずなので、現地で
気になった方は探してみてください!

Photo: Maurizio Laudisa André Mellagi .zuzu..


中南米・ラテン 旅の情報